斯波選手からトレーニングの様子が届きました!

先日、ALCとアドバイザリー契約を結んだ斯波正樹選手から、スイスでの雪上トレーニングの動画とRC15プレートに関するレポートが届きました。
とにかく気持ちよさそうだなというのが第一印象ですが、板の挙動を確かめるよう、丁寧に乗り込んでいるのも伝わってきます。
「一枚タイプのプレートよりも、ダイレクトに板にプレッシャーをかけられる」、「アイスバーンでのエッジグリップも良好」とのこと。
ボードの長さやメタルの厚みによってシャフトの本数を変えつつ、何本もテストライディングを重ねたそうですが、レポート最後には「ボードの硬さ、曲がり易さに合わせてシャフト本数を調整する必要があるが、これこそがRC15シリーズプレートの強み」と結ばれていました。

そう、RC15シリーズプレートはライダーの体格やライディングの志向によってセッティングを変えられるのが特徴なのです。
21-22シーズンは試乗できる機会をできるだけ増やしていきたいと思います。RC15をお試しいただける際には、いくつかセッティングを変えて乗り比べてみてください。

9月7日からの週にはゲートトレーニングも予定されているとのこと。大切なシーズン前、斯波選手には有意義な時間を過ごしてもらえたらALCも嬉しく思います。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です