アルミ削り出しプレートと、カーボンシャフトのハイブリット型フローティングプレート 『ALCプレート』

INFORMATION

ALC PLATE -2017 Model-

MOTOKAZU NARITA -2017.10.25-

成田

        所属

Pro Snowboarders
Association ASIA

     使用ボード

BC-STREAM

 
アルフレックスインサートに対応したALCプレートとして更に進化し、セミフローティングとして他社のプレートに引けを取らない性能と、乗り心地としてトーションが消えてしまうフローティングの違和感を感じさせない自然な乗り味が最大の魅力です。
初速のない低速域から全速度域まで幅広く高い操作性を持ち合わせ、ターンの切替、リカバリー時も前後の足の自由が高くスムーズな処理にたけています。
2ピースのプレートをカーボンシャフトで繋いだ独自の構造により、シャフトの本数を変えプレートの剛性を調整することにより様々なカスタマイズができ、プレートのエントリーユーザーからトップレーサーまで全てのライダーに適応するプレートとして滑走技術を問わず性能を発揮します。
レベルに応じてカーボンシャフトを増設することで、プレートに順応していきながら技術の向上を段階的に体感できるALCプレートを是非とも堪能してください!

 

 

随時追記予定…

保存保存

保存保存

試乗会のお知らせです。

試乗会のお知らせです。昨年より開発を進めていますALCビンディングの試乗会を行います。
日時 : 1月14日 午前9時30分~午後3時

場所 : エコーバレースキー場 〒386-0601 長野県小県郡長和町姫木平(グーグルマップはこちら

TEL:0268-60-2001
試乗の際に身分証の提示をお願いしますので、身分証をお持ち下さい。受付場所はゲレンデ下部の広場です。テントを張ってます。
ALCプレートも試乗できます。是非この機会に試乗してみて下さい。
それではゲレンデでお待ちしてます。

 

 

オンラインショップは準備中です

ALC-SNOWオンラインショップは只今準備中です。

ホームページをリニューアルオープンいたしました。

ホームページをリニューアルオープンいたしました。
アルパインスノーボードに役立つ商品などを紹介、販売していきます。
よろしくお願い致します。

ALC PLATE -2013 Model-

MOTOKAZU NARITA                         -2013.09.20-

成田

        所属

Pro Snowboarders
Association ASIA

     使用ボード

BC-STREAM

ALCプレートの最大の特徴は、他に類を見ない2ピースのプレートをカーボンシャフトで繋いだトーションが活きる「フローティングプレート」ということです。

最初にライディングで感じたことは、フローティングに乗っているような軽くて自然な乗り味です。通常プレートを使用すると、トーションが消えてしまいがちで、前後の足自由がなくなりパフォーマンスが落ちてしまいます。しかし、ALCプレートはトーションロスが少なく切り換えをスムーズにし、初速のないファーストターンからでも踏み込むことが可能です。通常のフローティングでのデメリットを感じず、フローティングプレートの特性を余すことなく発揮します。フローティングを試したことのない方でも、ストレスなく体感できるはずです。

ハードパックは勿論のこと、荒れたバーンでは無駄なトラクションを吸収しロスを軽減してくれるためターンの抜けが良いです。トーションを自由に使えるためターンチェンジが容易かつスピーディになり、バーン状況を意識することなく果敢にライディングを楽しむことができます。

プレート自体の剛性を調整でき、トーションが使えるフローティングプレートを使用するようになってから、タイムが出せるようになりました。ライダーの技術を伸ばし楽しませてくれるマストアイテムです!

HIROYUKI SHIMIZU                         -2013.09.20-

清水

        所属

白馬八方尾根スキー・
スノーボードスクール
第4期、第5期SAJ
デモンストレーター

     使用ボード

Moss PANTERA

 

最初にALCプレートを使用して感じたことは「軽量であること」。他社メーカーとの最大の違い、「重い」「硬い」イメージのプレートから軽量で板のフレックスはもちろん、トーションも感じ取れる構造となっています。

ALCプレートのセッティング幅は広く、スタンス間にあるカーボンスティックの本数、設定箇所によって、各ライダーの体格、体重、スタイルの違いに対応できます。女性ライダーは本数を少なくしてみたり、トゥーサイド、ヒールサイドのフィーリングを変えたい場合は設定箇所を変えたりします。

硬いバーンが良いのはもちろんですが、雪面が荒れてきた時にも非常に気持ち良く滑走できます。ALCプレートがしっかり仕事してくれるので、ライダーはバランスをとり、滑走中に生まれる余裕を利用し、スムーズなターンを可能にします。

開発スピードの速さはさすがJapan-madeです。細かい修正、変更は瞬時に対応され、各ライダーの意見や要望が形と表れてきます。国内の自社工場での生産によってトラブルにも迅速に対応できるのは心強いところです。

今後も各カテゴリーのライダー達がテストを繰り返し、実戦使用され開発されて行くALCプレート。自分流にカスタマイズし、さらに上のステージに一歩踏み出しましょう。

MORIO AIZAWA                           -2013.09.20-

相澤

 

        所属

     使用ボード

 

このプレートの最大の魅力は、カーボンスティックの本数と、入れる位置を変えることでフレックスとトーションを自在に調整できること。また非対称に入れることで自分にとって苦手サイドのエッジの反応を早くすることができる。

また、他のフローティングプレートに比べ、スティック自体もたわむため操作性が良く、装着時の違和感がなく、ボードデッキからの高さも低いため、レベルを問わず使用することができる。

私が感じるこのプレートの効果は4つある。1つはある程度の重さがボードに加速性を持たせること。2つめは  デッキからの高さを稼ぐことで少ない動きでエッジの角付けを速く大きくできること。3つめはボードのトーションが  強くなることで エッジの切りかえでのタイムラグがきわめて少なくなること。そして、4つめはレースの場面で  コースが荒れてからが本領を発揮すること。トレーニング時にタイム計測してみたが、バーンがきれいな状態で  プレート非装着時のラップタイムに比べ、著しくコースが荒れてからプレートを装着して計測するとラップタイム  からがほとんど落ちていないことがわかった。

YOKO ARAMAKI                           -2013.10.02-

荒巻

        所属

     使用ボード

 

トーションの調整が入れる棒の数で細かく調整ができて、比較的軽く、セッティングがだしやすい。
とりはずしの手間が比較的少ない点でも女性にはとても扱いやすくおススメです。
またフローティングはどうしても雪面との距離を感じやすいのですが、これは接雪感が失われないので雪面CONTACTがしっかりととれることもメリットは大きいと思います。

RESULTS

2009 PSAプロツアー最終戦優勝、JSBA全日本テクニカル選手権大会 優勝
2010 全日本スキー連盟公認デモンストレーターに認定
2012 PSAプロツアー猪苗代大会DU3位
2012 SKINSINS CUP賞金テクニカルコンテスト優勝
2012 SAJ全日本技術選手権大会 全種目1位 完全優勝
2013 PSAプロツアー最終ランキング4位
2013 FIS日本人ランキング7位(全日本7位/日本人5位)

保存保存保存保存保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存