SNOWBOARD

2020-21シーズン、アルパインスノーボード『R』シリーズをリリース。

ハードパックスノーやアイスバーンでのエッジグリップと滑走性能の両立、そして操作性能を追求し、レースコースでのテストを経て誕生しました。

昨今、アルパインボードでは必要不可欠となってきているスノーボードプレートの使用を前提として、4×4インサートホールを搭載しない仕様としました。インサートパターンは、現在最も汎用性の高いALLFLEXのホールパターンを採用すると共に、ライダーの好みに合わせて選択可能なALC独自のインサートホールも搭載しました。バインディング、プレート、すべてを自社開発、生産しているALCのメリットを最大限活かすべく、プレートの選択も併せてご検討ください。

今期はまず、男性用のモデルとして、R62、R81という2サイズをラインナップ。レース競技やテクニカル競技で活躍できるスペックです。

Made in Japan、高品質なスキー・スノーボードを生産し続ける『小賀坂スキー製作所』での生産です。

PRICE:¥160,000(税別)

SPECIFICATION R62/R81

R62
全長1620 (単位はmm)
サイドカーブ11700 センター部 (複合R)
有効エッジ長1500
セットバック20
ノーズ幅259.5
ウエスト幅202
テール幅240
価格160,000円(税別)
R81
全長1810 (単位はmm)
サイドカーブ18000 センター部 (複合R)
有効エッジ長1690
セットバック20
ノーズ幅251.5
ウエスト幅202
テール幅231.5
価格160,000円(税別)